結婚式の打ち合わせの大切さ

私が結婚式を挙げたのはかれこれ15年程前ですが
今でも失敗したな、やり直したいなと思うことがあります。

結婚式を挙げようと思ったらまず式場を決めて見学に行ったりどんなプランがあるのか
話を聞いたりすると思います。
次に式場が決まったら打ち合わせに入っていくのが一般的だと思います。

私も普通に!?式場を決め、着物やドレス
引き出物、列席者に出すお料理からテーブルの上に飾るお花など
書き出したらきりがないくらいのことを金額と相談しながら決めていきました。

とてもしっかりした感じの良いプランナーの方だったし私たちも若く何も分からなかったので提案してくれることを
きっかけにして話を煮詰めていくという感じでした。

式場が違えばプランも違うし、料理の種類も違います。
もちろん置いてある貸衣装だって違ってきます。

低料金で済ませたいのかそれとも一生に一度の事だからと盛大にしたいのかなど
結婚式をあげる二人にとって食い違いが生じては問題になってくる部分も出てきます。

新婦は低料金で済ませたいからとお色直しをしないで新郎だけがお色直しをしたのでは
やっぱりおかしいですよね?

ざっくりと打ち合わせの話をしましたがここから私が失敗したなやり直したいなと思うことをお話ししたいと思います。

ドレスも着物も決まってそれこそネイルの色まで決めて…
そこまで決めたら残っているのは髪型ですよね。

そう、私はこの髪型で失敗しました。

自分がイメージする髪型をプランナーさんにしっかり話をして髪に飾る花の色まで指定して打ち合わせはバッチリだったんです。

結婚式の前日に最終打ち合わせとブライダルエステが入っていたので足取り軽くルンルン気分で行ってきました。が…
私が予想していた打ち合わせはしませんでした。
私の中では花は飾らなくとも「こんな感じでいいですか?」的な髪型を実際に私にやってくれるのかと思っていたのですが
髪型の事には一切触れずに最終打ち合わせ終了…

結婚式当日。日頃の行いも良かったのか!?
お天気も良く気分が良かったのを覚えています。

無事に式の方も進行していきお色直しの時間。
私は着たいドレスがあったので少し金額は高かったのですがそこは譲らずに奮発してたんです。
だからこそ髪型にも力をいれてたのですが、
式場専門の美容師さんがプランナーさんから聞いたオーダーを私に伝え「よろしくお願いします」
いざ髪型に取り掛かりました。がっ!!
進むにつれて

「ちょっと待って!」

「このままじゃ仕上がり全く違くならないかっ?」

「プロだからここからどうにかするんだろ」

そう思っている間に完成。
恥ずかしくて自分で自分のことを鏡で見ることができませんでした。

お客様を待たせているわけだしやり直してとも言えず恥ずかしいまま会場に入りました。

口で言われたオーダーは完璧でした。
でも同じことを言っても人によってイメージが違うと言うことがはっきりと分かった出来事でした。

やっぱり前日に試しにやってもらえば良かったと思います。

これから式を挙げるみなさん…
打ち合わせはとっても重要です。式と同じようにできることは打ち合わせでも同じようにやるにこしたことはないですよ。

2016年9月の注目サイトピックアップ

業界初の生活トラブル専門サイト「生活トラブル本舗」を紹介!生活トラブル本舗は、緊急性が大変高い「カギ」「ガラス」「水道」などのトラブルが起きたときに、1分でも早く駆けつけてくれる地元業者(鍵屋、ガラス屋、水道屋)を簡単に探すことができる業者検索サイトです。各サービス提供会社のサービスや強み、料金から比較検討ができるのが魅力的です。

実績のある整体学校で資格取得なら【ウィルワン整体アカデミー」がおすすめです。JR代々木駅から徒歩圏内の好アクセス!これから国試のマッサージ師、柔道整復師をはじめ、整体師の資格取得は整体学校のウィルワン整体アカデミーへ。